医療の進歩とそれに対する正しい判断

医療は日に日に進歩しています。
昔は治せなかった病気が今は治せるようになったり、死を覚悟しなければならなかった病気までも治すことができるようになりました。
例えばC型肝炎も少し前までは罹ってしまうとその病気の進行をたどるしかありませんでした。
しかし今は肝炎の薬が開発され、何週間か飲むだけで病気が完治するようになっています。
このようなことを考えると医療の進歩はめざましいものと考えられます。
しかし一歩で正しい知識を身に付けないといけないのも事実です。
患者さんが病院に行って、先生から病気を申告された時に、その治療が本当に自分に合っているのかを考えるのも重要です。
つまり医療の進歩に伴い治療法もさまざまあるので、その中から何を選択するかが重要ということです。
一人の先生から一つの選択肢しか与えられなかったら、セカンドオピニオンをして他のお医者さんから意見をもらうことも大切です。
このように医療の進歩とそれに対する正しい知識は重要です。