かかりつけ医があると安心できます

最近進められているのが、かかりつけ医を決めておくということです。
もちろん、内科や外科などいろいろな病院がありますが、内科に関してはかかりつけ医を決めておくと何かと安心です。
まずは、持病を持っている場合は、担当医師がそのことを知っているため関連性を考えて治療をしてくれます。
もちろん、出している薬も把握しているため、調整をしてくれます。
そして、長年にわたって診察や治療を行うため、変化も見逃す確率を減らすことができます。
それによって、大きな病気に発展する前に治療をすることができ、リスクを減らすことに繋がります。
私も、風邪や体調不良になったときに行く病院を決めています。
そして、複数の病院に通っている人は、かかりつけ薬局を決めることも大切です。
最近は、お薬手帳があり飲んでいる薬や履歴がわかるようになっていますが、身近にあることによっていろいろな相談もできます。
特に、高齢者になると様々な病院に行くこともあり、かかりつけ薬局を決めておくことは必要となっています。